TAPER & SHAPE グラスウェイ カーブスター ルアー アクセサリー
 テーパーアンドシェイプ・ロッドデザイナー島津靖雄のブログページ“Shimazu Wave!”です。
Latest Numbers
   
Back Numbers
 
2017年09月
2017年07月
2017年05月
2017年03月
2017年01月
2016年10月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年10月
2015年09月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
 
Special Links
  Nature Boys  
  Fishing Fighters  
  VALLEY HILL GUIDE PRIDE  
  OKUMURA SATOSHI  
  今井ちゃんネル  
  Aica my happy life style  
  Yoshimasa Takahashi 秩父の自由人  
  Youichi Tkahashi BASS DOG  
  Eiichi Nakamura  
  Kris Angler  
  LUCKY CRAFT  
  ZacT craft  
  BOB-ART'S  
Glassway
*FOR TROUT GAME MODELS*
Japan trout
Area area
*FOR BASS GAME MODELS*
Maki mono RSP
*FOR SALT GAME MODELS*
Namoto RSP
Jewel bird
GJBKS
 
Curvester
*FOR TROUT GAME MODELS*
Back river
NEW! Area tact Vivace
*FOR BASS GAME MODELS*
NEW! CROSSER
Flex hunt
Power hunt
*FOR SALT GAME MODELS*
Blue barrel
CBBKS
Blue barrel
Sea boxer
Jewel bird
CJBKS
Bronzee XR
 
T&S Club HEART 「BASS AID in 芦ノ湖」 2010-08-31
 
長年所属しているB.A.S.S. of JAPAN・バスオブジャパンで、
自分は、Club HEART・クラブハートという活動を運営しています。
通常のトーナメントトレールとは別の
「バスと自然環境にローインパクトなバスフィッシングを基本に、
バスゲームの楽しさ、魅力、価値をさまざまなスタイルで表現する。」
という基本理念でスタートしたクラブ内の活動なのですが、
ここ5年は「BASS AID in 芦ノ湖」というイベントを主に活動しています。


レコードシートは、クラブハートハート独特の内容。
トーナメントとは違い、その採点はいかに楽しんだかが基準です。
参加者には、クラブハートのステッカーとピンズをプレゼント。

芦ノ湖は、日本で唯一正式に認可された上でオオクチバスが放流され、
漁業権が与えられている数少ない湖です。
オオクチバスの漁業権は漁業法に基づいたものであり、
遊漁ならび漁業資源として有効活用される価値のある魚と認識されています。
同じ国の法律である外来生物法での扱いとは全く違うのです。
このことの意味することと、その重要さの話はここでは割愛しますが、
芦ノ湖のオオクチバスの漁業権が、日本でのオオクチバスの立場にとって
実はとても大きなカギとなっていると言えるのです。

その芦ノ湖の漁業権は現在、10年で更新するシステムになっていて
次の漁業権更新まで我々はこのイベントを通し、
その漁業権を次世代へ引き継ぐために
微力ながら協力していこうということで「BASS AID in 芦ノ湖」を開催し、
そのエントリー費すべてを外来生物法で増大した
芦ノ湖のオオクチバスの資源管理維持費の一部として寄付しています。
さまざまな意味で「BASS AID in 芦ノ湖」は、
まさしく「バスを援助する」重要な活動と信じて、
次回の漁業権更新までがんばって活動したいと考えています。

まぁ、難しく考えるより、みなさんもぜひ芦ノ湖へバスフィッシングに出かけ、
「バスフィッシングするために遊漁料を払える」貴重な湖、
芦ノ湖へ出かけて思い切り楽しんでくださいね。
この猛暑でも、箱根の木陰は涼しい風があります。
バスたちもシャローにたくさん増えたオイカワを元気に追い回していましたよ。


高橋義真君もバスオブジャパンのメンバー。
この日は自分と一緒にローインパクトなライブベイトでナイスなバスをキャッチ。
餌釣りからルアーフィッシングのヒントも多くアリ!なのです。
そして参加してくれたメンバーたち、心よりThanks ! です。



 
BLOG    Copyright TAPER&SHAPE Co., Ltd. All Rights Reserved.