TAPER & SHAPE グラスウェイ カーブスター ルアー アクセサリー
 テーパーアンドシェイプ・ロッドデザイナー島津靖雄のブログページ“Shimazu Wave!”です。
Latest Numbers
   
Back Numbers
 
2017年09月
2017年07月
2017年05月
2017年03月
2017年01月
2016年10月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年10月
2015年09月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
 
Special Links
  Nature Boys  
  Fishing Fighters  
  VALLEY HILL GUIDE PRIDE  
  OKUMURA SATOSHI  
  今井ちゃんネル  
  Aica my happy life style  
  Yoshimasa Takahashi 秩父の自由人  
  Youichi Tkahashi BASS DOG  
  Eiichi Nakamura  
  Kris Angler  
  LUCKY CRAFT  
  ZacT craft  
  BOB-ART'S  
Glassway
*FOR TROUT GAME MODELS*
Japan trout
Area area
*FOR BASS GAME MODELS*
Maki mono RSP
*FOR SALT GAME MODELS*
Namoto RSP
Jewel bird
GJBKS
 
Curvester
*FOR TROUT GAME MODELS*
Back river
NEW! Area tact Vivace
*FOR BASS GAME MODELS*
NEW! CROSSER
Flex hunt
Power hunt
*FOR SALT GAME MODELS*
Blue barrel
CBBKS
Blue barrel
Sea boxer
Jewel bird
CJBKS
Bronzee XR
 
T&S Bronzee XR・ブロンズィーXRのパワー 2009-11-24
 
つり人社の人気のムックシリーズ、「ロックフィッシュ地獄V」が発刊されました。
少し前の6月にクレバーの吉田さんと私で伊豆を回った記事が出ています。
シーズンギリギリで、水温がすでに高めになっていて苦戦しましたけど、
結果は尺越えを何匹か釣ることに成功。
楽しかったです。メバルはやっぱりゲーミィーな魚ですね!
詳しくは、ぜひ、紙面をご覧くださいねっ。



この取材中、実はロッドパワーに関する理論を自分自身で再チェックしていました。
Bronzee XR・ブロンズィーXRは、
ショートなソリッドティップを備えたST2430モデルですが、
パワーの負荷に比例してブランクカーブをスムーズにバットへと移行する
カーブスターの考え方に沿ったモデルです。
多くのメバルロッドに見られる、ティップセクションはかなりソフトで、
バットセクションから高弾性素材などにより
かなり堅めのアクションが与えられているモデルとは、印象がだいぶ異なるようで、
店頭で「尺越えだとどうかなぁ〜」とか「カバーがある場所ではう〜ん・・」
といった声もありました。
正直、パワーには問題ないと考えていたのですが、
よく曲がる=パワーが無いと思われてしまうこともあるようです。
ブロンズィーXRの一番柔らかいモデルでも
当然尺越えに対応できるように作っているワケで、
そのパワーを自分自身で実証する意味でも、CBZS-69MLXRでこの取材は通しました。
本来、湾港でのショートレンジを意識したモデルなので、
今回のフィールドには、吉田さんが使っていたCBZS-76MXRがベストマッチです。
多くのフィールドでメインロッドとなるモデルですね。
CBZS-80MHXRは、フロートを使ったリグなどキャストウェイトが重くなるゲームや
かなり強引なファイトを余儀なくされるシチュエーションに対応させています。



で、そのCBZS-69MLXRで思惑通りの尺越えのメバルを2匹キャッチ。
手前には磯の根もあるので、ある程度走りを止めることが必要でしたので、
3ポンドラインに対してかなり高めのドラグセッティングです。
で、結果はまったく問題なし。長さは場所的にすこし短かめでしたが、
しっかりとバットが残ってくれて、魚をいなしてくれました。
強引なファイトは難しいかもしれませんが、
いいカンジで楽しんでファイトできる余裕があります。
まぁ、理論的にそう作って解っていることなので、特別な感想はないのですが、
こういったパワーの出方をするロッドが市場にすごく少ないので、
理解されてないアングラーが多いのも仕方がないのかも知れません。
ですので、誤解があって当然ですが・・、ハッキリ言いましょう。
「テーパーアンドシェイプは本当に!違います。」
特別なマンドレルとパターンから生み出されたその「スベシャルなブランク」は、
曲がりながらあふれるパワーとトルクを生み出していきます。
「魚がラクに上がってくる!」、「ランディングしたら思っていたよりでかい!」
使ったアングラーからのそのパワーに関する驚きの声の数々。
そのパフォーマンスは、確実にフィールドで実証されてきています。
「Curvester・カーブスター」本当にいいブランクに仕上げてありますよ〜!


T&S エギングフェスタ in 伊豆 2009 2009-11-11
 
西伊豆の土肥港で開催されたエギングフェスタin伊豆にブース出展してきました。
いのまた釣具店さん主催の大会イベントです。
今年で3回目かな。回を重ねるごとに参加者も出展メーカーも増えていますね。
主催されているいのまた釣具さんの気配りが内容に現れていて
なかなか良い雰囲気のイベントです。
大会結果等は、いのまた釣具店さんのホームページをどうぞ。
http://www.inomataturigu.com/event/egifesta/egifesta2009.htm
http://www.inomataturigu.com/event/egifesta/egifesta2009_1.html


関東で伊豆はエギングのメッカです。
人も多くそれなりの技量が必要だったりしますが、
でも、それはそれでテクニカルな猛者たちを熱くさせています。
と同時に、ここ最近はメバルでもなかなか熱いフィールド。
ということで、展示はエギングロッドのSea boxer・シーボクサー、
Sea boxer LDG・シーボクサー LDGだけでなく、
ちゃっかりとメバルロッドのBronzee XR・ブロンズィーXRも並べておきました。
実際、試投ではシーボクサーとブロンズィーXRが同じくらいの人気で、
シーボクサーの曲がることによってラクにシャクれる感覚や、
ブロンズィーXRのソリッドティップとは思えない
スムーズなキャストパフォーマンスをたくさんの方がチェックされていました。
私のめんどうな理論的説明は、寝不足気味の大会参加者さんには酷ですから、
キャストして理解して頂くのが一番!です。
ありがとうございました。

伊豆の海は自然豊かなフィールドで、
エギングとメバルを両方を時期に合わせて楽しむことができるのはもちろん、
テクニカルなメッキゲームや磯では、ヒラスズキだって狙えます。
シーズンに合わせていろいろなゲームを楽しむのはとても贅沢な事ですし、
なにより海を、自然をより理解していくのに役立ったりします。
潮に動き、ベイトの動き、風、月、太陽。
釣りって結局、自然相手の遊びですから、テクニックから先はソフトの部分、
つまり、「いかに自然を深く理解するか」が上達のカギですからね。



で、今回、現在最終調整中のラッキークラフトさんとの
コラボレーションカラールアーの第4弾!?を
そっとブロンズィーXRに結んでおきました。
パネルでもなにげにちょこっとアピール。
気付かれた方は・・「んっ!この色なぁ〜に??」う〜ん、さすが釣り人です!
怪しげにペイントされていたのは、
メバルゲーム用にアブストラクトペイントをカラーチューンしたルアーたち。
詳細は、発売が近くなったら、また、お知らせしますね〜。
おたのしみにっ!


T&S Basser Allstar Classic 2009 2009-11-02
 
数あるトーナメントでも、そのステータス、演出、内容など、
やっぱり、Basser Allstar Classicは、独特の雰囲気がありますね〜。
昔からの友人知人が選手として多く参加する中、
私もブースを出展しながら、このイベントを楽しんできました。
結果、内容は、発売されるBasser誌をぜひ、お楽しみに!



そのBasserのオールスタークラシック、始めて開催されたのは1987年。
場所は芦ノ湖でした。え〜とっ・・22年前!だぁ〜。
なんで覚えているのかというと・・・
実は、その場に私、島津は選手として参加していたんですね〜。
選手のトーナメントを克明に記録し誌面で公開するという趣旨で、
当時はショー的演出は無く、ギャラリーもいない地味な開催でしたが、
「新しい試みのトーナメントをやろうじゃないか!」という、
Basserさんの意気込と選手の熱き思いが溢れていたのを今でも鮮明に覚えています。
結果は田辺さん優勝、沢村さん2位。河辺さん3位、そして私が4位。
田辺さんと沢村さんのデッドヒートとなったいい試合でしたね。懐かしいです。

そんな思い出のある今回のイベントでもたくさんの方に
テーパーアンドシェイプロッドを試投して頂きました。
Flex hunt・フレックスハント、Power hunt・パワーハント、
Maki mono・マキ モノとそれぞれのパフォーマンスを実際に体験して、
「ロッドは曲がることによって機能する。」という、
ロッドの対する私の基本概念を理解して頂けたのではないでしょうか。
ありがとうござます!

そして今回、会場で「利根川の職人」こと鈴木美津男さんとお会いしました。
以前から面識もあり、特に私の作ったグラスロッドの大ファンである美津男さん。
今後テーパーアンドシェイプロッドをメインに活躍予定です。
ファーストムービング系ルアーを大得意とするゲームスタイルは、私も大好きです!
バッチリとホローさせて頂きますよ〜。
無理なく自然に・・大人?なカンジで、これからもよろしくです!


TONE TATSU BLOG http://www.mitsuous.com/ 
利根川親父の独り言 http://www.sponichi.co.jp/sports/sfj/column/suzuki/
鈴木美津男の本音DEト〜ク!
http://deeeeeepstage.jp/anglerschannel/suzuki-column/suzuki-top.html



 
BLOG    Copyright TAPER&SHAPE Co., Ltd. All Rights Reserved.